〜地球から脱出するまでの日々の記録〜

2017/08/19

アートユニット「シャミコ」が映画上映と舞踏パフォーマンス


8月23日石巻BLUE RESISTANCEにて「REBORN ART FESTIVAL」に参加中の石巻在住アートユニット「シャミコ」が映画上映と舞踏パフォーマンスを行う。




ー独特なユニット名ですが由来はなんですか?

ユウ:シャーマンと巫女の合体ですね。自分たちのルーツに神社があったり、お互いシャーマンや巫女の儀式的行為に親近感を覚えたこともあって名付けました。


ーシャミコはどのような経緯で結成されたのですか?





ユウ:現在、石巻で開催中のリボーンアートフェスティバルに参加中なんですが。ふと思ったのが、地域にとってのアートってなんだろう。アートに触れるのではなくて、人々がアートに参加するってどういうことなんだろう。自分の地元を思い出したり、民俗文化について調べていくうちに、「踊り」という存在にたどり着いて。そこから、浜に移住したアーティストの和美ちゃんを思い出して。「ちょっと聞いてみたいことがあるんだけど」と相談したのがきっかけですね。


ー和美さんは相談に応じたんですね。


和美:「なんでもやるぜ」って。そこから彼が浜にやってきて、住民の家にお邪魔して話を聞いていくなかで、初めて聞くようなことがあって。この浜にもお祭りがあって、みんなで一緒に踊ったりしていた。今はお祭りもやらなくなって、踊りたくても踊る機会がないっておばあちゃんが言ってたりとか。写真も残ってないし、歌も忘れてしまったって。

ユウ:そこから、お祭りを復活できたらいいんじゃないかと思ったんですね。ただ若い人がほとんど浜から出ていってしまっていて。イベントとして復活させるのは現実的に難しいなって。若い人が地元から出て行くというのは、仕事だけでなく、これまで続いてきた文化もなくなってしまうんだなあと実感したというか。

ーそこから、イベントではなく別な方法を考えていった






ユウ:もちろんいつかはお祭りもできればと思っていますが、まずは自分たちにできることからということで映像に着地しました。和美ちゃんが最近「狐の嫁入り」をテーマとした結婚式を挙げて、ちょうどその映像も撮影していたので。彼女が作り出した世界のその後を描いてみようと。あの時に生まれた過去の現在ですね。そこに浜の状況も重ねながら。


ー映像はどのような内容になっているのですか?





和美:ざっくり言うと、「狐崎浜で生活する狐の娘が、過去の賑わいの声に導かれ、金華山をのぞむ御番所公園で「祭」を祀る」Facebookの投稿を読む)。タイトルは「マツリマツリテ」。 


ユウ:撮影クルーは、監督・撮影・編集が自分で、和美ちゃんが主演の二人です。15分程度の短編。機材や小道具運びだけでお互い息切れしていました。


和美:二人だけで撮影した奇妙な雰囲気と疲労感が出てると思う。


(マツリマツリテ予告)



ーなかなか身体を酷使されたのですね笑 今回は映像のほかに身体パフォーマンスがあるとのことですが、お二人はもともと踊られていたのですか?





和美:わたしは舞踏を踊っていました。全身を白塗りにして。異様な雰囲気なので人に引かれることが多いですね。それがいつのまにか快感に変わっていました。体の内側がギュン!となる。





ユウ:それでいうと、自分は彼女とは逆で。いかに人を引きつけられるかを意識して踊っていました。ヒップホップ、ロック、ジャズ、決まった振り付けをかっこよく見せていくみたいな。だから和美ちゃんと一緒に踊るのがすごく怖いです。


ーそれはなぜですか?





ユウ:今回の踊りは、まさに自分の内側の弱い部分やかっこ悪い、変な自分をみんなの前で晒していくんですよ。そういう部分を見せたくないから、かっこよく見せていたふしがあると思うんです。彼女に禁断の扉を開けてもらいます。本当に想像できない。めっちゃ怖いですよ。どうなるかわからないって。ただ、不安と同時に好奇心もあります。


和美:彼は手足とか長いのに殻にこもるように縮こまっているんですよね。もったいないなーと思って。なので殻をぶっ壊して伸ばしまくります。さらけ出せーーー!って。人間なんてみんな変態なんだから隠さなくていいよ。

ユウ:手足については最近整体の人にも言われた。長いねって。だからうまく施術できないって笑。その時に自分って手足長いんだーと思った。自分ではあまり気づかない。最近は撮影する側だから無意識のうちに固まってしまっているんだと思う。

ー誰かが表現してくれることで気づくこと、思い出すことってありますよね。

和美:それでいうと、今回自分たちの作品を見て、何を思い出したのかを聞いてみたい。過去の思い出なのか、誰かのことなのか。


ユウ:それこそ忘れていたもの、見えなくなっていたものを見るための媒体になれたらと思っています。抑え込んでいる声や欲求とか。


ー現代のシャーマンと巫女の共演、楽しみにしていますね。ありがとうございました。


インタビュー:シマワキ ユウ 
写真:シマワキ ユウ


|イベント情報

「ISHINOMAKI PITCH」



石巻でエッジを利かせ活動するアーティストたちが、全国10自治体から集まるエッジの利いた人たちへ向け、パフォーマンスという形でピッチを行います。生粋の石巻人、移住者、Uターン、石巻を発つ人、あらゆう人種がこの夜一つのステージに集う。

【詳細】
2017.8.23(sat)
OPEN 20:00
START 20:30
CLOSE 22:30
¥3,000(+1Drink)

【出演】
楽団ひとり
萌江
シマワキユウ&太田和美
ジュリモンキー
DJ Lemon
VJ TOMIGI

【人体生け花パフォーマンス】
岡 泰史(フラワーガーデンはなき)

ご入場希望の方は、当日、会場受付までお越しください。






2016/02/19

誰ですか石巻の中心街を大学のキャンパスのようだと言ったのは。





中心街を何気なく流れていると、

知り合いが自転車に乗って颯爽と現れ、


「よう!」


と、同級生と出会ったときのように気軽に挨拶を交わす。


立ち話をしている内に、道路挟んで反対側にも知り合いが現れて


「よう!」「よう!」


と挨拶を交わしあう。

またまた、話している内に、


「よう!」「よう!」「YO !!」


となる。


ほんと、ここは学校の敷地内じゃないかっていうぐらいの遭遇率。

この奇遇の連続は、地域ならではダイナミックさ。

顔が見える付き合いってやつ。

でも、顔が見えすぎるのは窮屈で息苦しくないかしら?

ってなる。一人の時間がほすい〜って。

そんときは、中里のドトールにでも行って引きこもり決めちゃえばいい。

(そこでもたまに出会っちゃうけどね)



最近、地域移住問題で「人間関係が…」つって都市部に戻る人の話があったけど。

そして、そういう事例だけピックアップされてたけど。

確かにね、本当に一人の時間を作りたくても作れない地域があるかもしれないけど。





まあ、




バランスが大事かな!!




私も最初は、

「誰もいない場所にいきたひ〜」

って車通りが減った夜の商店街を駆け回ったりしたこともあったけど。

自分の、人と会うことができるキャパシティを把握してなかったのと、

まだまだ感情のコントロールが未熟だったから。(今も山あり谷ありだけど)

3年目で、やっと、距離感がましになった。

あとは、石巻という街が宮城で2番目に規模が大きいということもあって、

私みたいな外れものを、受けいれてくれるスペースが存在しているのも大きい。

ありがたやありがたや。


あ、2016年2月20日に、

中心街にあるIRORI ISHINOMAKIがリニューアルオープンするそう。





こちらは街のロビー的な場所になるとか。

カフェも本格的にOPENするそうで。どんなふうになるんだろうね。



それにしても、


誰ですか石巻の中心街を大学のキャンパスのようだと言ったのは。


あ、私だ。

(あ、でも大学行ったことないのだった。)

(高専は雰囲気似ているからいいか。)


written by Yu Shimawaki
photo by Yu Shimawaki
https://www.facebook.com/yu.shimawakiスクリーンショット-2015-09-22-0.55.30

2016/02/18

『SNS子』の映像と『SNS断ち子』の話から浮かび上がるもの。




SNS依存末期症状「融合性情報知覚機能不全症候群」第一発症者は、日本人女性。

SNSのタイムラインが身体及び衣服と融合してしまう奇妙な症状。共感性に優れている女性が発症する可能性が高いことから、現代病研究機関は、初期、末期問わず、この症状の患者を『SNS子』と命名。なお、『SNS子』にはSNS断ちを薦めているが当の本人は、「この身体がスクロールされている感じがたまらない。」と語り、改善される兆しが一向に見えない。中毒性の恐れがあるため、社会に注意を呼びかけつつ、治療方法の発見を急いでいる。

という世界観の映像。



■ SNSを辞めたという女子大学生Hさんの話を聞いてきた。



Hさん:元彼は、一緒にいるときも、ずっとスマホをいじっていたんですよ。こまめに投稿するから、ずっと反応し続けなきゃならないんですね。通知音は鳴りっぱなし。その間は、話もしない。私と一緒にいる必要ないよね?って思いました。私は、今みたいに、こうして顔と顔を合わせて話をすることが一番大事だし、コミュニケーションだと思います。

確かに文字や画像は便利です。でも、顔の表情の変化であったり、雰囲気だったり、文字にはない情報がたくさんあります。そういうものをないがしろにしてまで、近くにいる人とSNSで連絡をとっている様子を見て「おかしい」と思いました。そういう人に限って、自分のことを「コミュ障だから」って言うんです。私は発作持ちです。いつ起きるかわかりません。それもあって、人と深く関わりたいけど、関われないのが辛いです。簡単にコミュ障と言っている人に本当に腹が立ちます。コミュニケーションをする努力もせずに何を言っているんだろうって。

彼氏とも別れ、SNSを辞めました。スマホも解約しようとしましたが、親から止められました。今は親との連絡用でLINEを使ってます。



人とつながるために「てくのろじー」は進化して、
さまざまな「さーびす」が生まれてきた。
その進化によって、人の心は、どこか遠くの雲の向こうに飛んでいっちゃったんだね。

残ったのは、中身のない、抜け殻同士のもたれかかりあいだね。

あなたは、いま、そこにいる?
抜け殻かな。
今、わたしを感じているのかな。
今、生きているのかな。





まあ、



バランスが大事かな!!


written by Yu Shimawaki
photo by Yu Shimawaki
https://www.facebook.com/yu.shimawakiスクリーンショット-2015-09-22-0.55.30

2016/02/14

当たって砕けてもいいけど、他人に迷惑はかけないようにしよう。


2月14日、今日はバレンタイン。

特に意識することなく道を歩いていましたら、

なにやらアダルトな香りが。

辺りを見回すと、




おやおや?





……なんてことでしょう。






道路にエビさんが寝てるじゃありませんか!!

しかもこんなに赤くなって。

飲み過ぎですよ、まったく。

どうやらバレンタインに意中の人にエビアタックして玉砕したのでしょう。

エビだって飲みたくなるときもありますよねえ。





でもね、当たって砕けてもいいけど、他人に迷惑はかけないようにしようね。

さ、ゴミにお帰り。





キレイキレイ(酒くさいけど)。

ということで、エビさんと一緒に飲まれていた方々、

最後まで面倒見てあげてくださいね。

近隣住民の方に話を伺ったら、どうやら複数でいらっしゃったようで、

エビさんに対しては、

「その辺に寄せとけ。」

とおっしゃっていたそうですね。

ちょっと薄情ですねえ。

少し暖かくなりつつあるとしても、まだまだ肌寒い季節。

温かい友情こそが、最高の肴。

せっかくなら楽しく飲みましょう、ね。

それでは、みなさん、ハッピーバレンタイン。





2016/02/13

あと12年したら地球から脱出するかもしれない。


かずかずさんのブログの、




日本の『好きなことやれないサイクル』はヤバい。年を取れば取るほど取り返しがつかなくなるので、若者の皆さんは早めに抜け出してください。


面白かった。

そして、そういえばわたしは、いつのまにか何回か脱出してたわ。

と思った。

なぜ、脱出できたのか。(いや押し出されたのか)

ふと、振り返りながら考える。



■ 高校生時代 コミュニティグループからの脱出


・校則がゆるいから茶髪や眉にラインを入れたりして調子づく!




・入部当時からなぜか先輩に目をつけられる。
 
 →「あいつ、生意気だ」って。


・身もふたもない噂話が地元に広まる。
 
 →周りの目が過剰に気になる。


・寮生活が合わない。

 →1人の時間ほしい。






はあああああああぁあぁぁあっ(ため息)






・一匹オオカミ的な同級生がダンスをやっていた。
 
 →めっちゃかっこいい!!


自分とじっくり向き合えるストリートダンスに没頭。

(そして童貞脱出)






■ 会社員時代 安定と教わった会社/専門分野からの脱出


・国家資格試験の科目を4つのうちすでに2つを取って鳴り物入りで入社!


・入社1年目に東北大震災が起きて復旧業務で被災地を駆け回る。
 
 →改めて命を考える。

 →明日自分が生きているとは限らない。



・国家資格試験の残り科目取得を目指すがまさかの3年連続で不合格。

 →あまりのショックに軽いウツ状態。

 →むしろ、なんでこの分野の勉強してるんだ自分。
 





はあああああああぁあぁぁあっ(ため息)




・ロサンゼルスに短期ダンス留学にいく。

 →自分はなんてせまい世界に生きていたんだろう。



 (サングラス集団)





・震災後の石巻に新しい取り組みや活動が生まれているらしい。

 →活動のサポートをしながら自分の可能性を広げたい!!


高専5年+会社3年=8年をリセットして新たに自分を作り直そうと石巻へ。






■ 石巻時代 男という性別からの脱出


・ダンスや芝居の経験を活かしながら、言葉や写真や映像の仕事をするようになる。
 →自分の特性が仕事になっている!生きてる感覚!
・そんなある日、いろいろ起きる。
ええっと、

詳しくはこちら「第三の性を目指す」という新たな道




ということで見えてきたパターンは、
まず、自分が作り上げてきた世界が一回破綻する。




そして、真っ暗闇になったところに光が差し込んでくる。
その光の方向へ向かっていくと、いつのまにか脱出していた、
という感じ。


なんか、改めて振り返ってみて、


「どんどんダメな人になってね?」


と感じちゃったり。

それと同時に

かっこつけすぎていたんだなって気付いた。

脱出しながら、そのちっぽけなプライドや見栄を手放すことが出来てきたように思える。

自分が見ないようにしてきたものとしっかりと向き合うこと。

自分にとって、それがとらわれから脱出するひとつのポイント。



ちなみに、高校グループ、会社、性別と、大体3年の期間で脱出してきているんだよね。

このままの流れを予想すると、

3年後、組織から

3年後、地域から

3年後、日本から

3年後、世界から

あ、地球、あっ。

といった感じで、あと12年後には地球を脱出することになるかもしれない。

それまでの日常の、小さなとらわれからの脱出についても、

このノートに記録していこうと思う。











2016/02/09

「おれの子供じゃない」と言われまして。




「メイク、するようになったんだ。」
実家に電話した。これまでの自分の変化について話した。



「おれの子供じゃない。」



父親の第一声。
笑いながら言ってるけど、
多分本心に近いだろうな。
間違いなくあなたの子供ですよ笑



「今度女装してきたら家に入れない。」



これも笑いながらだけど、同じく。
そりゃあ、驚くだろうな。
いきなりこんなこと言われたらさ。
帰省のときに閉め出されたら、
どっか友達の家に泊まるかあ。
ていうか、女装じゃないし。



「化粧ってのは、綺麗になるんじゃない、見やすくなるだけだ。」



小さい頃から何回も聞いた話。
そうだねえ、と電話の向こうの父親に、
頷きながら相づちを返す。





懐かしいな、このびくびくする感覚。
やはり、怯えていたんだと改めて実感した。
大丈夫、大丈夫と自分に言いながら話を進めた。

「自分の根本は変わっていない。
 あなたから学んだことは受け継いでいく。
 これからもよろしくお願いします。」
 

まあ、まだ納得していないだろうなあ。
ナヨナヨするな、とか言ってたけど、
この変化は、
社会をふらふらと漂うためじゃなくて、
より強く、美しく歩むためだしね。






それに、自分の生き方は自分のものだしねえ。
たとえ、叩かれても罵られても、
こればっかりは譲れないなあ。
親と子の関係といえども、
自分はいろいろ考えたり感じたりする一人の人間だもんさ。
生存したいのではなく、生きたいのだもんさ。
どやさどやさ。
これから失敗とか挫折とかたくさんするけど、
それすらも楽しみたいよ。おとうちゃま。
さ、とりあえず、今に集中していきましょか。



一方、母親に関しては、

「やればどうだっつうの?ところで、あんた次いつ帰ってくるの?」

安定の母親っぷりであった。
面白い家族だ。


written by Yu Shimawaki
Photo by Aluma
https://www.facebook.com/yu.shimawakiスクリーンショット-2015-09-22-0.55.30

2016/02/04

「第三の性を目指す」という新たな道



26才男性、生まれて初めて化粧道具を買う。

初めて、自分の化粧道具を買った。
化粧品コーナーの鏡に写っているのは、
今年で26才になる男性。
「第三の性を目指す」という新たな道に高揚していた。


―Yuさんがメイクするようになったとお聞きしましたが、最近になって興味をもたれたのですか?

Yu:実は昔から興味があったんです。姉の化粧道具を勝手に使ってみたり、そういう少女マンガを読んだり。高校生のころ文化祭に女装したときとかすごく楽しかったのを覚えています。ファッションも中性的なものがずっと好きでした。なので、メンズ服をなかなか好きになれなくて辛かったですね。「なんでこういうデザインしかないんだろう…」って。当時の親友に相談しても「男なら男らしい服着ろよ」と否定されたのを今でも忘れません笑


―自分は中性的になりたい願望がある、というのは自覚はありましたか?

Yu:少しずつ気付いていった、という感じです。自分が女性になっている夢を何度か見たり、生えてきたヒゲが本当に嫌だったり、男性特有の下ネタMAXのハイテンションだけの話よりも、女性と話しているほうが楽しかったり。あ、女性から「性欲あるの?」って言われたときもありましたね。アートセラピーをしたときも、その中性的になりたいという傾向が顕著に出ていました。でも、どこかで忘れようとしていましたね。

―忘れようとしていた?


Yu:はい。こんな願望を持つ自分はおかしいんじゃないか、弱い人間なんじゃないか、逃げているだけじゃないのか、と思っていました。もともと人に相談しないタイプなので、誰にも言えず、ひたすら溜め込んで葛藤していました。いま思えば、まともな人間を演じていたと思います。

―その葛藤のなかで、自分の願望を叶えようと思ったきっかけはなんですか?

Yu:これまでの積み重ねだと思いますが、決定打になったのは、去年(2015年)の11月に事故を起こしてしまったんですね。初めてでした。駐車場でバックをしたときに、他の方の車にドーン!と。幸いケガ人はいませんでしたが、たまたまその日だけ知人から借りた車ということだったり、仕事の最中だったりで、パニック状態でした。そして、おかしくなりました。

―おかしくなったんですか?笑

Yu:はい。完全に自分の責任で、多くの人に迷惑をかけた。言い訳しようがない、このまぎれもない事実が、自分にのしかかって。本当にいやで。この世界からいなくなりたいって思いました。謝罪する当日も、なかなか布団から出られず、うなっていました。


―失礼かもしれませんが、結構大げさですよね。

Yu:いや、ほんと、そう思います。自分でもなんでだろうって思って。その感情を掘り下げていったら、父の存在があったんですね。罰を与えられる、怒られるって怯えているんです。無意識の刷り込みってこわいもので。小さいころに、兄弟で誰か一人が悪いことをすると「連帯責任だ」といって、竹刀で一人一人を叩かれたんです。5人組ならぬ4人組制度です。ある日は、外へ閉め出されたこともありました。今は、父とはすっかり仲良いんですが、その体験が根強く残っていて、失敗すること、はみ出すこと、人と違うことをすること、指をさされることが過度に恐ろしくなっていたんだと思います。それが、その後の人間関係においても影響が出て、他人になかなか心を開けませんでした。

―なるほど、無意識に眠っていたものに気付かれたんですね。

Yu:罪を認めたくなかったんですよね。イコール怒られる、ですから。「他人に迷惑をかけるな」が家訓でしたし。こうあるべき、という見えない強力なとらわれに気付いて本当にびっくりしました。美しい世界を見るには世界から離れなければならないの話にもつながるのですが、どうすれば罪を認めて、自分をとらわれから解放することができるのだろうかと。そこで思いついた行動が、あえて恐怖の先に踏み込む、でした。

―あえて、恐怖の先に踏む込む。

Yu:自分が最も恐れているのは、失敗すること、はみ出すこと、人と違うことをすること、指をさされること。だったら最初からそういうように振るまえばいいんじゃないかって。自分を守ろうとするから、かっこつけて隠すから大変なんだって。

―逆転の発想ですね。

Yu:そうですね。そこで、何か蓋のようなものが外れて、「あ、メイクしたい、脱毛したい」ってなって。そこからは自分でもびっくりするぐらい行動を起こしちゃって。その日のうちに脱毛の予約をしました笑 



―踏み込んだ結果、世界が開けた。

Yu:半端なく。人にもどんどん会いたくなって。非難されても笑われてもいいやって。自分を守る殻がなくなったから、世界が見えるようになって、やりたいことが次から次へと思いつくんですよ。今まで、いかに自分中心だったか、視野狭窄だったかを思いしらされました。

―ブレイクスルーってやつですね。新たな境地に達したわけですが、今後はどういうことをしていこうと考えていますか?

Yu:第三の性をもっと極めていきたいですね。あ、恋愛対象は女性ですよ?あと、男の娘みたいに可愛くとかは興味ないです。男らしくとか女らしくという二元的ではない、その間の存在として、自然体でありたいと思っています。仕事に関しては、越境者として、融合者として、地域や組織を横断的に動きたいです。多様な価値観を認める自分が媒介となり、関係の促進を行うことで価値を作り出したいです。あとは、変わったときの感動を知ってしまったので、変革を担っていきたいですね。変化を恐れずに楽しむこと、それが自分の役割だと思っています。

―これからのご活躍、 応援しております。ありがとうございました。

Yu:ありがとうございました。


produce by Yu Shimawaki 
インタビュー・テキスト 嶋脇 佑 撮影:嶋脇 佑

 メディアディレクター/フォトライター
 スクリーンショット-2015-09-22-0.55.30 2 スクリーンショット-2015-09-22-0.55.30